2013年10月18日

【Yahoo!ロコ プレイス】 サービス終了のお知らせ

ご担当者様

拝啓 時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
平素は弊社サービスに多大なるご支援を賜り、厚く御礼申し上げます。

「Yahoo!ロコ プレイス」は、2014年6月30日をもちまして終了することになりました。
つきましては、現在のご契約期間と契約更新について
下記のとおりご案内いたしますので、ご確認いただきますようお願い申し上げます。

なお、サービス終了に先がけ2013年11月14日で、「新規お申込み」と
「既にご契約されている企業様の店舗施設追加お申込み」を終了させていただきます。
2013年11月15日以降のお申込みはお受けできませんので、あらかじめご了承ください。

詳細につきましては、下記をご確認いただきますようお願い申し上げます。
今後ともYahoo! JAPANをよろしくお願いいたします。

                               敬具

               記

1.対象サービス
 Yahoo!ロコ プレイス

2.対象サービス終了日(予定)
 2014年6月30日(月)

3.サービス終了後について
 ・サービス終了後、すべてのお客様のYahoo!ロコ プレイスページが削除されます。
 ・Yahoo!ロコ プレイス管理ツールをご利用できなくなります。

4.ご契約期間について
 2013年12月1日以降は、ご契約の更新はできません。
 また、ご契約終了日が2014年7月1日以降となるお客様につきましては、ご契約期間に関わらず、
 2014年6月30日をもってご契約を終了させていただきます。


                               以上

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ヤフー株式会社

Copyright (C) 2013 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.
当メールの内容は許可なく複製、複写、転載、転送することを禁じます
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by ねむすけ at 14:52| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のキーワード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月03日

城南エリア

城南エリアをおすすめする理由

そもそも「城南」とは
「城南」とは城の南、すなわち江戸城(現在の皇居)の南側一帯を指す言葉です。細かくはきちんと定義されていないようですが、ここでは品川区・目黒区・大田区・世田谷区・渋谷区・港区のことを城南と呼ぶことにします。

「城南」は人気のエリアです
不動産・住宅情報サイト『HOME'S』の調査による「東京都民が選ぶ住みたい街ベスト20」では、城南エリアに属する自由が丘(目黒区)・下北沢(世田谷区)・麻布十番(港区)がTOP5に名を連ねています。他にも目黒・中目黒(目黒区)・三軒茶屋・成城(世田谷区)・渋谷(渋谷区)・田園調布(大田区)といった街もTOP10に入っています。

他のいくつかの調査を見てみても、自由が丘や中目黒をはじめとして、恵比寿や中目黒などが「住みたい街ランキング」の常連となっていることがわかります。人気の沿線ランキングにもそれらの駅のある沿線に人気があるのがわかります。 「やっぱり住むならオシャレで便利で、高級感漂う場所に!」と一度は考えるものです。 このようにみんなが憧れる人気の城南エリア。なぜこんなに人気なのか?そしてなぜ弊社がオススメしているのか?その魅力をご紹介します。

アクセスの良さ
この城南エリアの大きな魅力といえば、都心へのアクセスの良さが第一でしょう。東急各線や小田急線などの私鉄が通っていて、多くは地下鉄との直通運転を行っているため、都心までおおむね電車で30分圏内で行くことができます。また、特に東急沿線では人気エリアのひとつである横浜へのアクセスも便利であり、通勤はもちろんのこと、休みの日のお出かけにも便利なエリアであると言えます。こうしたアクセスの良さは快適な都市生活に無くてはならないものと言えそうです。

ショッピングに便利
城南エリアは自由が丘・下北沢・代官山・渋谷といった人気ショッピングスポットも抱えています。これらの街がショッピングできる街としても人気があることはもちろんですが、「住みたい街」としても人気を保ち続けています。交通の便が良いだけではなく、地元でオシャレなショッピングもできるというのは実に魅力的です。 また、このエリアでは小さな駅でも駅周辺の商店街に店が充実していたりすることも大きな魅力です。 HOME'Sの「住みたい街ランキング」のアンケートで投票した住みたい街のイメージについて上位20位の平均的なイメージは「交通が便利」かつ「日常の買い物がしやすい」街となっています。納得の結果ですね。

緑の多さ
都心へのアクセスも便利で買い物もできる城南エリアですが、意外と緑が多く、大小さまざまな公園、緑地、寺社仏閣などがあります。駒沢公園、代々木公園、明治神宮などは広い敷地が豊かな緑で覆われていて、散歩していると都会の喧騒を忘れられるスポットとなっています。 他にも洗足池公園(大田区)、林試の森公園(品川区)、世田谷公園(世田谷区)などなど、住宅地の中にも公園が点在しています。

高い資産価値
地理的な魅力の他にも、資産価値という面でも城南エリアはオススメです。 城南エリアは上で述べたように利便性や快適性が高いため、それだけ物件価格も高くなってしまいます。しかし、ただ高いだけではありません。注目するのは資産性の高さ。人気エリアというのは時代の状況で変わることもあるのですが、城南エリアは安定した人気があるため、土地の価値が下がりにくくなっているのです。 現在の暮らしやすさだけでなく、将来のことも考えて土地つき一戸建てを購入する。そんなお客さまが多いのも特徴です。
posted by ねむすけ at 15:32| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月01日

凱旋門賞へ…池江師独占インタビュー

http://www.daily.co.jp/horse/2013/10/01/2p_0006383270.shtml
馬のことを理解してそれを隠さずに打ち明ける調教師、いいと思う。オルフェーヴルを育てたのは池江調教師なんだな、と思えた。

 「凱旋門賞・仏G1」(6日、ロンシャン)

 忘れ物を取りに来た。2年連続で欧州最高峰の舞台に挑むオルフェーヴル(牡5歳、栗東・池江)。初挑戦だった昨年はゴール前でかわされて惜しくも2着に敗れた。今年は圧倒的な強さで前哨戦のフォワ賞連覇を達成。悲願のVへ向けて池江泰寿調教師(44)=栗東=に胸中を語ってもらった。

 ‐昨年の凱旋門賞は悔しい2着でした。

「実は馬場から戻ってきたスミヨンに『スタミナ切れではなかった』と聞いてショックを受けたんです。ゴール板を過ぎて、勝ったペリエのソレミアに祝福のハイタッチをしようと寄っていったら、再び加速していったそうです。勝てるところまで行った。力では負けていないと思います」

 ‐するとリベンジのテーマは気性面。

 「昨年は甘えるようなところがあって、他馬を待つようなところがありました。昨年は同行馬のアヴェンティーノの後ろにいて初めて落ち着くような感じでしたが、今年は精神的に成長しています」

‐完勝にも見えた前哨戦のフォワ賞。進境は見えましたか。

 「欲を言えばいろいろありますが、ひとまず合格点。これまでで一番完成度の高いレースができたと思います。テーマは『抜けること』でした。抜け出してからどう走るか。いろんなメディアにゴール前の写真が載っていると思いますが、耳を見て下さい。ピンと立って前を向いています。耳が前を向いているのだから、気持ちが前向きで不安感がない」

 ‐昨年はフォワ賞でも凱旋門賞でもゴール前は耳を絞っていました。

 「ゴール前でたたき合って併せているようなケースでは、耳を絞って踏ん張ることもありますが、抜け出してから耳を絞ったのは不安の表れです。昨年のフォワ賞では内ラチを頼っていたのかと思っていましたが、馬群から離れて不安になっていたんですね。実は、今春の大阪杯でも早めに先頭に立って突き抜けてからどうか見たかったんですが、結果的にはそうなりませんでした。今年のフォワ賞で1頭になってから耳を絞らなかったのは収穫です」

 ‐道中も折り合って見えました。

 「頭が上がりませんでしたね。昨年は頭を上げてハミが上あごにかかる『上ッパミ』と言われる状態で走っていました。今回は首が下がってハミが下あごにかかっていました。きちんとコントロールが利く状態でした」

 ‐気性面の課題はクリア。体調面では。

 「昨年はフォワ賞を使ってから急に良くなりました。手探りのなか、結果的に凱旋門賞でマックスに持って行けたという形。難しかった。今年は昨年をベースに、前哨戦の段階からも凱旋門賞を目標に逆算して、いいところに持って行けています。昨年の経験が生きています」

 ‐アクシデントがいくつかありましたが。

 「宝塚記念を回避することになった(運動誘発性)肺出血は非常に軽度なもの。回避は大事を取ってのものです。競走したサラブレッドの7割以上が程度の差はあれ、いくらか肺から出血しているという研究もあるといいます。フォワ賞の1週前もアクシデント(※帯同馬のブラニーストーンの後脚が鼻すじに当たり外傷性の鼻出血を発症。追い切りをスライド)はありましたが、調整そのものは計画通りにできていました。フォワ賞のレース後もコズミもイライラもありませんでした。息も乱れていなくて、そこまで2本の追い切りの方がしんどいくらい。前哨戦のレース内容もそうですが、状態も昨年よりいいです」

 ‐いよいよ決戦まで1週間を切りました。

 「至って平常心です。でもみなさんから『プレッシャーはないですか?』と聞かれるたびに、少し緊張してしまいます。みなさんも平常心で見守ってください」
posted by ねむすけ at 10:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。