2013年10月03日

城南エリア

城南エリアをおすすめする理由

そもそも「城南」とは
「城南」とは城の南、すなわち江戸城(現在の皇居)の南側一帯を指す言葉です。細かくはきちんと定義されていないようですが、ここでは品川区・目黒区・大田区・世田谷区・渋谷区・港区のことを城南と呼ぶことにします。

「城南」は人気のエリアです
不動産・住宅情報サイト『HOME'S』の調査による「東京都民が選ぶ住みたい街ベスト20」では、城南エリアに属する自由が丘(目黒区)・下北沢(世田谷区)・麻布十番(港区)がTOP5に名を連ねています。他にも目黒・中目黒(目黒区)・三軒茶屋・成城(世田谷区)・渋谷(渋谷区)・田園調布(大田区)といった街もTOP10に入っています。

他のいくつかの調査を見てみても、自由が丘や中目黒をはじめとして、恵比寿や中目黒などが「住みたい街ランキング」の常連となっていることがわかります。人気の沿線ランキングにもそれらの駅のある沿線に人気があるのがわかります。 「やっぱり住むならオシャレで便利で、高級感漂う場所に!」と一度は考えるものです。 このようにみんなが憧れる人気の城南エリア。なぜこんなに人気なのか?そしてなぜ弊社がオススメしているのか?その魅力をご紹介します。

アクセスの良さ
この城南エリアの大きな魅力といえば、都心へのアクセスの良さが第一でしょう。東急各線や小田急線などの私鉄が通っていて、多くは地下鉄との直通運転を行っているため、都心までおおむね電車で30分圏内で行くことができます。また、特に東急沿線では人気エリアのひとつである横浜へのアクセスも便利であり、通勤はもちろんのこと、休みの日のお出かけにも便利なエリアであると言えます。こうしたアクセスの良さは快適な都市生活に無くてはならないものと言えそうです。

ショッピングに便利
城南エリアは自由が丘・下北沢・代官山・渋谷といった人気ショッピングスポットも抱えています。これらの街がショッピングできる街としても人気があることはもちろんですが、「住みたい街」としても人気を保ち続けています。交通の便が良いだけではなく、地元でオシャレなショッピングもできるというのは実に魅力的です。 また、このエリアでは小さな駅でも駅周辺の商店街に店が充実していたりすることも大きな魅力です。 HOME'Sの「住みたい街ランキング」のアンケートで投票した住みたい街のイメージについて上位20位の平均的なイメージは「交通が便利」かつ「日常の買い物がしやすい」街となっています。納得の結果ですね。

緑の多さ
都心へのアクセスも便利で買い物もできる城南エリアですが、意外と緑が多く、大小さまざまな公園、緑地、寺社仏閣などがあります。駒沢公園、代々木公園、明治神宮などは広い敷地が豊かな緑で覆われていて、散歩していると都会の喧騒を忘れられるスポットとなっています。 他にも洗足池公園(大田区)、林試の森公園(品川区)、世田谷公園(世田谷区)などなど、住宅地の中にも公園が点在しています。

高い資産価値
地理的な魅力の他にも、資産価値という面でも城南エリアはオススメです。 城南エリアは上で述べたように利便性や快適性が高いため、それだけ物件価格も高くなってしまいます。しかし、ただ高いだけではありません。注目するのは資産性の高さ。人気エリアというのは時代の状況で変わることもあるのですが、城南エリアは安定した人気があるため、土地の価値が下がりにくくなっているのです。 現在の暮らしやすさだけでなく、将来のことも考えて土地つき一戸建てを購入する。そんなお客さまが多いのも特徴です。
posted by ねむすけ at 15:32| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。